ベビーシッター登録をするには

ベビーシッター登録をするには

ベビーシッター登録をするには ベビーシッターになるために特定の学科や学校を出て国家試験を取得するなど特別な免許は必要ありませんが、保育士の資格や幼稚園教諭免許、看護師や助産婦の資格があると有利です。このような免許や資格を持っていない場合は、全国保育サービス協会が実施する研修を受けて認定試験に合格するか、認定ベビーシッター資格取得指定校で在宅保育等に関する科目の単位を取得して卒業しておきます。
ベビーシッターになって働くためにはまず派遣会社に応募することです。応募時に保育士や幼稚園教諭の免許の有無、子育てや集団保育の経験の有無を問わることがあり、資格保有者を報酬面で優遇する会社が多くあります。無資格でも登録可能で、書類選考と面接を経て登録が完了すると研修や実習があり、これらを終えるとベビーシッターとして働くことができます。また、個人でもフリーランスで働くことができますが、開業するためには居宅訪問型保育事業者として各市町村へ届け出が必要になり、自分自身または従業員に保育士資格や保育に関する研修の修了証書や受講証明が必要です。

他人の自宅に「ベビーシッター」として行くときに気をつけたいポイント

他人の自宅に「ベビーシッター」として行くときに気をつけたいポイント 契約者の自宅で請け負うベビーシッターの業務は、特に信頼関係が重要になる仕事です。そのため、仕事先へ行く場合の注意点は、服装などの身だしなみに関してです。保育に関する業務内容なので動きやすさは必要ですが、あまりにも色合いが派手であったり逆に黒一色などは避けましょう。ベビーシッターとして働く場合の注意点は、とにかく安全第一で何事もなく無事に業務を終わることです。基本的ですが保護者の代わりを担っているため目を離すことは厳禁です。
さらに家庭によってさまざまな独自ルールがあり、それに沿ってベビーシッター業務を行うことが重要です。親の代わりといってもあくまでもシッターとしての気持ちを忘れずに、家庭ごとのルールも基盤に動くことを念頭におきましょう。全ての仕事に対していえますが、報告や連絡などは必ず行うことが大切です。特に悩んでしまった内容はその場で連絡ができるようであれば直ぐに確認をすることが基本です。また、業務中での出来事の報告などは忘れずに行うことが大切です。

「ベビーシッター 登録」
に関連するツイート
Twitter